コリメータについて

コリメータについて

コリメータとは

 コリメータ(collimator:コリメーターと記載される場合もあります)とは、もともとは平行光線をつくるためのもので、放射線の領域においては、線源から放出される放射線を、目的とする方向に照射することを目的とするものでした。
弊社では、放射線測定機器の検出部を、遮へい体で覆うことで、環境放射線量(バックグラウンド)の影響を減衰して、目的に応じた測定ができるようにする測定治具のことを、コリメータと呼んでおります。

 たとえば地表面の測定など、対象面の放射線量を正確に測定するために、コリメータが必要になります。測定機器は対象面の放射線もバックグラウンドもあわせて測定してしまうからです。
また、バックグラウンドが低い場合においても、放射線を検出することができる下限を低いレベルにすることができるため、測定誤差が減少すると共に、信頼度が大幅に高まります。除染前後の効果測定やどの方向から放射線が多く来ているかなど、目的に応じた可搬型放射線計測機器検出部遮蔽体を是非ご利用ください。

 また、各種線量計の特性やサイズに合わせた遮へい体やコリメータを、設計・製作・販売いたしております。お気軽にご相談ください。

コリメータの汚染確認・除染業務

 様々な状況で使用されているコリメータは、環境中の放射性物質により、汚染されるリスクにさらされています。

 そこで、弊社ではユーザーのコリメータをお預かりし、独自の技術で放射性物質による汚染状況を確認し、クリーニングしてお返しするサービスを低料金で実現しました。

 『コリメータがコンタミしたのでは?』と、少しでも不安のある際は、下記のお問合せページよりお気軽にご相談ください。また、コリメータ以外の機器の汚染状況確認も行います。除染作業等で機器汚染のご不安のある際は、下記までご相談ください。

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

河野研究室便り

  1. 登録されている記事はございません。