校正施設紹介

校正施設紹介

年1回必要とされている放射線測定器の「校正」を実施します。

  • 環境省ガイドラインにも準拠し、除染作業等で使用されている測定器の校正が可能です。
  • 福島県下でユーザーとの距離が近く、測定器搬送時間の短縮および必要時に迅速な対応を実施いたします。
  • JIS規格の校正体系および校正方法に準拠した校正を行います。

  • 放射線測定器が目盛どおり正しく指示するかを基準となる放射線を用いてチェックを行なうものです。

当校正センターの位置付け

国家標準にトレーサブルな基準器等を用いてJIS規格に基づく体系の中で校正を行ないます。

当校正センターの位置付け

校正施設

原子力規制委員会許可使用施設使第5941号

照射室内
照射室内 照射装置2基
照射室入口
照射室入口
室外から遠隔作業
室外から遠隔作業

NST-01

NST-01
NST-01
  • Cs-137 線源
  • 校正範囲1μSv/h~50μSv/h
  • 照射装置から校正台車間の距離を適切に設定し、任意の線量にて校正を実施します。
  • 電離箱、シンチレーション式サーベイメーター等 各種測定器の校正が可能です。

NST-02

NST-02
  • Cs-137 線源
  • 校正範囲 10μSv 標準(積算式)
  • 照射台上に線量計ホルダーを設置し主に 個人線量計の校正を実施します。

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

河野研究室便り

  1. 福島県では毎日、18時50分過ぎから始まるNHKの気象情報のなかで、天気予報に引き続き、県内各地に配...
  2. 旧元号での表記ですが、平成31年8月30日という日付を見て、何か、思いあたることがあれば、放射線管理...
  3. 令和の時代にはいって2ヶ月、ようやく、「河野研究室便り」第1回目の情報を発信することができました。