お知らせ

高感度トリチウムガスモニター

令和2年9月1日

タイトル:高感度トリチウムガスモニター

放射線計測や検出器の開発に携わるようになってから、ほぼ半世紀を経過しました。しかしながら、その間、必ずしも、全てがうまく行ったわけではなく、もう一度、相当頑張ったとしても、徒労に終わりそうな研究も、無いわけではありません。そんな中にあって、ほぼ完成し、国際会議や論文発表にこぎ着けた成果のひとつを、「研究室便り」として、まとめてみました。

本研究では、トリチウムを測定の対象にしています。私自身はこれまでに、液体中、気体中、固体中、そして固体表面のトリチウム測定を経験してきましたが、今回紹介しますのは、気体中のトリチウム濃度測定です。この研究では、施設などから放出される排気中のトリチウム濃度を連続的に測定することを目指して、通気型プロポーショナルガス検出器を用いました。また高感度化を図るために、パルス波形弁別法を導入しています。

(4) Tritium Gas Monitor

 

関連記事